戸建住宅のひと工夫 | リフォームよりも新築一戸建てがお得|お得なものを選ぼう

戸建住宅のひと工夫

都心に近い大泉学園は、一戸建ての需要が多いエリアでもあります。地の利が良いことから地価もそれほど安くないために、一戸建てを手に入れるとなれば予算もそれなりに必要となります。そのような中で、大泉学園では狭い土地にも注目が集まっています。そのような狭小地は一戸建て建設に苦労することで、これまでは敬遠されていたものです。けれども近年人気を集める北欧調の住まいが、比較的狭い家が多いことから価格の安い大泉学園の土地にも注目が集まっているわけです。狭さを広く見せる工夫ではなく、その狭さを楽しめるような内装に工夫することで、無理なく居住を満喫できるというわけです。お気に入りの家具や雑貨に囲まれる生活が送れる家を建てることができるわけです。

北欧調住宅が人気を集める理由は、程よい狭さが暖かみを感じることが挙げられます。さらにお洒落な雑貨屋をイメージさせるような内装にすることもできる点で、大泉学園の一戸建てでも採用するところが増えています。これまで人気のあった広いリビングでは、このような生活感は味わえないわけです。このコンパクトな生活が都心部の生活コストの高さにうまくマッチすることで、北欧調住宅の需要が増えているわけです。さらにこれまでは輸入住宅でなければ実現しなかった施工が、多くの工務店が注力することで純国産の北欧調住宅が建てられるようになった背景もあります。大泉学園のように都市部に近い住宅地に向いているとして、近年人気を集めているわけです。